社会福祉法人豊田市育成会

ジョイナスつかさ

> > > 事業概要(ジョイナスつかさ 就労継続支援B型)

事業概要(ジョイナスつかさ 就労継続支援B型)

目的

利用者さんの心身の状況に応じ、利用者さんの自立支援と日常生活の充実に資するよう、適切な技術を持って、サービス等利用計画や個別支援計画を策定し、ニーズに応じ たサービス提供をします。

目標(目指す姿)

利用者さんの長所を伸ばす支援
(1)利用者さんの新たな強みを探り、特性に応じて細分化した作業を提供する。
(2)利用者さんの能力を引き出し、新しい作業に挑戦できる環境を整える。
(3)本人委員会では、新しいことに取り組む中で、できることを増やす。
職員のスキルアップを図る
(1)伝達事項を記載した日誌を回覧し、全職員間の速やかな情報共有化を図る。
(2)各職員が自主的な研修に1年に1回は参加し、知識・技術の向上を目指す。
地域への「見える化」
(1)農地に看板を立て、収穫できた作物をつかさブランドとして地域の方に周知する。
(2)地域交流会を実施し、喫茶、自主製品販売、楽器演奏等を通して地域と交流する。
(3)ブログにて活動内容を月に1回は更新し、イベントの際は近隣へチラシを配布する。

社会貢献

事業所の地域へのオープン化により、地域住民とのふれあい活動と憩いの場を提供する
・自治区からのごみ袋記念品、自主製品、年賀はがき、暑中見舞いデザインの受注
・地域でのゴミ拾い(不定期)
・地域交流会、朝日丘交流館祭、豊寿園バザー、シャロム、ハンナズカフェ等での自主製品販売

支援内容

就労支援

① 基礎訓練
・社会的マナー(挨拶、言葉遣い、身だしなみ等)
・安全に対する意識(交通ルール、防災対策等)
・体力作り(ラジオ体操、ウォーキング、運動等)
② 実践的訓練
・リフトシートの解体
・自動車シートの縫製
・福祉センターでの清掃
・江戸屋クリーニングでの衣類分別
・喫茶kiitosでの接客、食器洗い
・自主製品の製作(ハンディーモップ、祈りネコ、クリスマスツリー等)

生活支援

① 日常生活
・体力づくり(ラジオ体操毎日2回、芝生広場の活用、運動クラブ)
・生活スキルの向上(手洗い、うがい、歯磨き、食事の用意、食器の片付けと洗浄、テーブル拭き)
・社会生活能力の向上(あいさつ、コミュニケーション、身だしなみ、身辺の整理、整頓、清掃、洗濯、約束の履行)
② 行事
・誕生日会(毎月1回)
・お祝い会(就職決定利用者の壮行会)
・三者面談(4月、10月、サービス等利用計画案作成月の年3回)
③ 地域交流
・民生委員さんとの交流活動
・地域のゴミ拾い
・交流館祭等イベントでのバザー出店
・つかさ地域交流会の実施
④ その他
・5つの委員会に分かれての本人活動(週一回の活動の他、民生委員との交流会、保護者会での年間活動発表)

利用者の一日

出勤・準備
9:00ラジオ体操・朝の会
9:15作業または地域ごみ拾い
10:30休憩
10:45作業
12:00昼食・休憩
13:00作業
14:00ラジオ体操・休憩
14:15作業
15:00掃除
15:10着替え・帰りの会
15:30退勤

年間行事

4月入所式
5月ハレハレハイキング
6月健康診断 / 民生委員さんとの交流会1
7月歯科検診 / 七夕会
8月買い物体験
9月民生委員さんとの交流会2
10月日帰り旅行
11月朝日丘交流館祭 / 楽楽運動会
地域交流会
12月障がい者作品展鑑賞 / 本人委員会発表
クリスマス会 / 忘年会
1月初詣 / 成人式
2月テーブルマナー食事会 / 節分
3月中馬のおひなさんバザー / お楽しみ会

[黒:事業所主催 青:保護者会]

健康安全

① 保健衛生
・定期健康診断(年1回)精密検査など経過フォロー、歯科検診(年1回)、食生活相談
・毎日の手洗い、うがい、歯磨きの支援、体重測定(月1回)、個別懇談
② 防犯・防災
・退勤時の施錠、火の元点検、避難訓練(毎月1回)、自主防災点検(年2回)

虐待防止

① 虐待防止委員会の開催
・毎月第1金曜日の職員会にて定例開催し、支援の質の向上を目指す
② 自己セルフチェックシートによる自己点検の実施
・人権擁護職員自己診断チェックを毎月実施、話し合いを支援に活かす

保護者会活動

① 定例保護者会の開催
・毎月第2火曜日9時30分から本部会議室にて定期開催
② 本人委員会発表会の参観
・本人委員会の年間活動をまとめた発表会を、12月保護者会後に参観
③ 行事(上記【年間行事予定】保護者会欄参照)

その他

① 事業所外支援の実施(5日以上連続して休んでいる利用者さんの家庭訪問)
② 利用者さんの家族に対する相談、助言等の支援
③ サービスガイドラインの遵守、支援員の技術力及び資質向上を目的とした研修の実施